前へ
次へ

虫歯にならない人の特徴について

多くの人は、虫歯を発症した経験があり人によって複数の歯が既に菌におかされた事があります。
しかし、その中でまったく大人になっても虫歯になっていない人もいます。
そこで、この病気を発症しない人にはどのような特徴があるのかというとまず毎日のケアが丁寧だという事です。
正しい歯磨きの仕方を熟知しており、さらに定期的に歯科医院で歯を綺麗にしてもらっている事が多いです。
つまり、歯の病気にならないための予防に力を入れているという事です。
また、甘い物を出来る限り食べないようにしているという特徴もあります。
甘い物は歯の病気の原因になりやすく、進行も早めてしまう可能性があります。
さらに、口の中に虫歯菌が存在していないパターンもあります。
この菌は、小さい時に大人から子どもに感染する事が多く、もし幼児期に感染していないと大人になっても菌が存在していないということがあります。
この場合だと、菌がほとんどいないという理由で虫歯になりにくいです。

Page Top