前へ
次へ

虫歯の治療後にも痛みが生じる原因とは

虫歯になれば、病院に行くと、直ぐに痛みを取り除いてくれると思われている人もいるでしょう。
状況によっては、直ぐに痛みを取り除くことができず、治療内容の知識について押さえておくのも大切です。
虫歯の内容によっては、神経が過敏に働きやすい状況まで悪化している場合もあり、神経に触れないように詰め物を行い始めます。
虫歯の治療は、人間が持つ自然の治癒力に頼る内容であり、神経を守るための象牙質が作り出していきます。
初めの治療においては、詰め物と神経の距離が短く、詰め物が神経に刺激を与え、痛みを生じさせてしまう場合もあるのです。
作り出される象牙質が、やがて、詰め物と神経を遠ざけさせ、詰め物によっての痛みが徐々に減っていきます。
虫歯の治療の当初は、痛み止めが処方されやすく、痛み止めで痛みを緩和させる事になります。
治療を行う人の中には、痛みが治れば完治したと勘違いされる人もいるでしょう。
治療は、数ヶ月続くつもりで治療に当たるつもりで行うのが望ましく、中途半端な内容は、再び痛みが生じる可能性もあります。

Page Top